WordPress ブログ開設手順

ブログをSSL通信化(https)する手順【XSERVER】

更新日:

今後、SSL対応されていないサイトは淘汰されます。

セキュリティ面で安全でないサイトは、
検索エンジンにとっても表示させたくないコンテンツだからです。

なので、ブログを立ち上げるなら、
SSL化は必須と言えます。

当記事では、

  1. SSL通信について
  2. なぜSSL通信化しなきゃいけないのか?
  3. SSL通信化の手順

について解説していきます。

当記事ではワードプレス設置直後のSSL通信化の手順について解説しています。

あなたのブログをSSL通信化するべき2つの理由

近年、ブログやホームページなどのウェブサイトをSSL通信化する流れが主流になっています。

SSL通信とは?

+ クリックして下さい

インターネット上でやりとりされるデータの「盗聴」「改ざん」「なりすまし」を防止するための暗号化プロトコル(通信方法)です。

理由は2つ。

  1. 読者さんの個人情報を守るため
  2. グーグルが推奨しているため

特に僕たちはビジネスとしてブログを運営していきます。

さらにメルマガを配信するのであれば、読者さんのメールアドレス等の個人情報をいただくわけですから、
なおさら安全なサイトでなければいけません。

そして今はまだ影響はないとされていますが、
近い将来SSL通信化されていないサイトは検索エンジンから弾かれる可能性も指摘されています。

SSL通信化の手順自体はエックスサーバーであれば簡単に行うことが出来ますが、
すでにブログに記事がたくさん入っている状態だと厄介な作業が必要になります。

なので、ワードプレスを構築した段階でSSL通信化をされることをお勧めします。

SSL通信化されたサイトとされていないサイトの違い

作業に入る前に、
SSL通信化されているサイトとされていない状態のサイトの違いについて知っておきましょう。

SSL通信化されているサイトの場合は、
以下のようにURLが表示されます。

GoogleChromeの場合

SSL通信

URLが「https」から始まっていて、「保護された通信」と表示されていますね。

一方、SSL通信化されていないサイトの場合は、

SSL通信

このように安全ではない旨が表示されます。

GoogleChromeでは表示が隠れていますが、
SSL通信化されていないサイトのURLは「http」から始まります。

これからSSL通信化する手順に入りますが、
最終的にSSL通信化に成功すれば、最初の画像のようにあなたのブログも表示されます。

エックスサーバーでブログをSSL通信化する手順

まずはエックスサーバーを開きます。

http://www.xserver.ne.jp/

以下の画像を参照し、サーバーパネルにログインします。

SSL通信

SSL通信

サーバーパネルのトップページ右の方にある「SSL設定」をクリックします。

SSL通信

SSL通信化したいドメインを選択します。

SSL通信

「独自SSL設定の追加」をクリックします。

SSL通信

「CRS情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にはチェックを入れずに、
「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

SSL通信

エックスサーバーでのSSL通信化の設定は以上です。

設定が反映されるまで最大で1時間ほどかかりますので、しばらく待ちましょう。

SSL通信

設定が反映されたかどうかは、「SSL設定の一覧」から、表示されているURLをクリックします。

SSL通信

設定が反映されていない状態だと以下のように表示されます。

SSL通信

設定が反映された状態であれば以下のように「https」から始まるURLでブログが表示されます。

SSL通信

ワードプレス側の設定をしよう

SSL通信化のサーバー側の設定は以上ですが、今度はワードプレス側の設定が必要になります。

ダッシュボードから「設定」「一般」をクリックします。

SSL通信

WordPress アドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)の両方共に
「http」から「https」に書き換えます。

SSL通信

以上でブログをSSL通信化する手順は完了です。

-WordPress, ブログ開設手順
-,

Copyright© ころろログ , 2019 All Rights Reserved.