ころろログ

チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人のための「理系の料理」が面白すぎた件

約 4 分
チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人のための「理系の料理」が面白すぎた件

料理って難しいですよね。

僕は料理はほとんどしたことがなく、たまに作ると大失敗して
2度と作るか!となってしまいます。

言い訳をするなら、レシピの見方がわからない。

専門用語多すぎません?

  • 〜切り
  • 塩:適量
  • 胡椒:少々

いや、それがわからないからレシピを見てるんだが?と言いたくなります。

僕のように料理がさっぱりな人間が初めて読んでもわかりやすい。

そんな料理本があったらいいなって思いませんか?

五藤隆介さん著「理系の料理」

料理とは無縁の生活を送っていたという五藤さんですが、今ではごりゅごはんという料理ブログを立ち上げるまでに料理が上達したそうなんです。

この「料理がわかる」までの過程を、なんとか「料理がわからないころの気持ちがわかるうちにまとめなければ」と思ったのがこの本を書くきっかけです。

五藤さんが料理とどのように向き合い、上達していったのかがぎっしり詰め込まれているのがこの「料理の料理」という本です。

「理系の料理」の著者、五藤隆介さんについて

五藤隆介氏はごりゅご.comというブログを運営されているブロガーさんです。主にEvernoteの便利な使い方やガジェット関連の紹介をされています。

Evernoteの便利な使い方はホントに参考になりますよ。僕がEvernoteにハマったきっかけを与えてくれたブロガーさんでもあります。

チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人のための「理系の料理」

牛丼製作のフローチャート(工程表)

理系出身の五藤さんが作成されたのは、牛丼のレシピ…ではなくてなんと牛丼製作のフローチャート(工程表)

理系の料理,フローチャート

これなら僕でも作れそう!そう思わせてくれる見事なフローチャートです。

後には使用した調理器具なんかも紹介されています。

これで失敗したらヤバイなwっていうか斬新過ぎて思わず笑ってしまいました。

感覚で料理ができる人

僕の母親も妻もそうなんですが、調味料とかをパパッと入れてしまう人って凄いなっていつも思ってたんです。

そういう人ってもはや感覚で料理をしていますよね。

僕にはその感覚がサッパリわかりませんでした。

  • 塩、胡椒:少々
  • 生姜(チューブ):適量

レシピを見て思わず「は?」って言いたくなるのがこんな表現。

僕のように、料理の感覚がわからない人間には暗号のように思えてきます。

同じような悩みを抱えていたという五藤さんは、

例えば、トンカツを食べるときにかけるソース。あるいは、卵かけご飯にかける醤油。これらに関して「どのくらいの、分量かけてる?」って聞かれても、「なんとなく」としか答えられない自分がいました。

ということをきっかけに、トンカツにソースをかける感覚は、「塩、胡椒:適量」の感覚と本質的には同じであると気づいたそうです。

ここを読んだ時には「なるほどなぁ。」と感動に近い感覚を覚えました。


料理を続けるには趣味と割り切り楽しむこと

と、言った具合に、この「理系の料理」では、五藤さんが「料理がわかる」までに至った過程を理系目線で徹底的に解説されています。

まさか料理本でPCDAという単語が出てくるとは思いもしませんでしたよw

そして、料理を続けるには「料理を楽しい」と思うこと。

それには料理を趣味だと思うことが大切だとも仰っています。

これは料理に限らず何でもそうなのかなぁって思います。

思わず料理をしたくなる理系男子のための料理本

この「理系の料理」を読んで、思わず妻に「明日は俺が牛丼作るから。」と言いたくなりました。

まぁ間違いなくこの本に載っているフローチャート通りにやれば作れるでしょう。

ものすごく参考になったし、読み物としても面白いので、買ってよかったと心底思える一冊になりました。

レシピを見てもサッパリわからない、でも料理ができるようになりたいという理系男子にはピッタリの「理系の料理」。

オススメの一冊です!

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
インターネット副業に生き甲斐を感じているアラフォー会社員。

ブログ開設1年で月間7万PV、月収5万円を達成。

その後はメールマーケティングやシステム化の勉強を開始。

離婚や債務整理、親との絶縁など割りと波瀾万丈な過去がある。

現在は妻と娘と幸せに暮らす。

写真を撮るのが趣味。