ころろログ

Evernoteにどんどん追記できるPostEver2のススメ

約 4 分
スポンサーリンク
Evernoteにどんどん追記できるPostEver2のススメ

ころりん(@korolin777)です。

ツイッターに呟けないようなドス黒い感情ってありませんか?

ぼくなんかはドス黒い人間なんで、けっこうそういうことがあるんです。SNSは向こう側に人がいるので、やっぱり遠慮しちゃう部分ってあるじゃないですか。そんな時は自分にしか見れないような場所に吐き出すようにしています。こういうのって溜め込んでも良い事ないんですよね。

ちなみにぼくが吐き出している場所はEvernoteです。

でも、いちいちEvernote開いてその都度ノートが増えていくのは嫌だし、整理も面倒くさい。出来ればそういったちょいメモは1つのノートに収めたいですよね。

そんな時に便利なアプリをご紹介します。

スポンサーリンク

メモを時系列に1つのノートに追記してくれるPostEver2

このPostEver2というアプリは、Evernoteに残したいメモを時系列に1日1冊のノートに追記してくれる非常に便利なアプリです。

アプリを起動すると即入力できるので、サクッとメモを残せます。

PostEver2で作ったノートには下のような情報も残せます。

  • メモを送信した時間
  • メモを送信した場所
  • 画像

PosteEver2は、これの情報を時系列に1日1冊のノートに追記してくれるので、実はライフログにぴったりなんです。

日記を書くのが面倒くさい!っていうぼくのような面倒くさがりでも、ちょいちょいPostEver2でメモっていけば、1日の終わりには勝手に1冊のノートが出来ちゃいます。

位置情報は設定アプリから、プライバシー→位置情報で、「このAppの使用中のみ許可」ではなくて、「常に許可」にしないと取得できないようです。

PostEver2の使い方

アプリを起動したときの画面

PostEver2 起動画面

アプリを起動すると、即文字入力ができます。画像を貼ったりアプリからカメラを起動することも可能!音声も保存できちゃいます。

右下の矢印をタップするとEvernoteに送信され、次の入力は前回送信したノートに追記されます。

設定画面

PostEver2 設定画面

PosteEverエンジンというのが、ノートにどんどん追記していく機能のことです。

保存するノートブックや、日付が変わる時間なんかもカスタマイズできます。

俺の1日は夜中の2時までじゃ!って人なら26時に設定すれば、夜中の2時を境にノートが翌日に変わります。ちなみに30時まで設定可能。

PostEver2で作成したEvernoteのノート

PostEver2から投稿したEvernoteのノート

PostEver2で作成したノートはこんな感じ。

mapをタップすると、投稿した場所の地図が表示されます。

PostEver2のデメリット

PostEver2は値段が高い

ずばり高い!

お値段なんと960円

アプリ1つにこの値段が高いと感じるかは人それぞれだと思いますが、この値段はどうなんだろ…。

そして、値段の割には最後のアップデートが2015年3月31日。実に1年近くアップデートされてないんですね。

iOSはどんどんアップデートされていくので、きっと対応してくれるとは思いますが…。

これをどう感じるか。ってとこじゃないでしょうか。

2016年3月12日現在の情報です。

PostEver2でライフログや1人ツイッターを楽しもう!

メモ 楽しむ

値段は置いておいて、アプリとしては大変便利だと思うんです。起動から送信までの速さ、ノートが1つにまとめられる等メリットもたくさんあります。振り返りもノート1つで済むので、面倒くさくはないですね。

ツイッターに呟けないようなプライバシーに関わることだったり、あんなことやこんなことだったりって人間誰しもあるものです。

そんな時はPostEver2で1人ツイッターでもやってみると、なかなかストレス発散になりますよ。

メモが時系列に並ぶので、ライフログもPosteEver2で出来ちゃいます。

Evernoteをよく使う方にはぜひオススメのアプリです!

ライフログの関連記事はこちら!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
1979年生まれのアラフォー会社員。

20代は消費者金融等に借金をし、多重債務になる。総額約500万円を債務整理で完済。離婚も経験するが2015年に再婚。

現在はデジタル一眼レフで写真を撮るのが楽しみ。インスタグラムにハマっている。音楽とリラックマをこよなく愛する。