ころろログ

メニュー

任意整理はどんな手続き?メリットデメリットや向いている人を解説!

2019年6月25日
任意整理はどんな手続き?メリットデメリットや向いている人を解説!

借金問題を抱えて苦しんでいる場合、債務整理をすると嘘のように問題を解決することができるものです。

中でも任意整理は、債務整理の中でも非常にポピュラーでよく利用される手続きです。

任意整理をする場合、具体的にはどのような流れで進み、どのようなメリットデメリットがあり、どのような人に向いているのでしょうか?

そこで今回は、債務整理手続きの中でも人気に高い任意整理について、わかりやすく解説します。

任意整理ってどんな手続き?

任意整理とは、消費者金融会社やクレジットカード会社などの債権者と直接話し合いをすることにより、借金の返済金額や返済方法を決め直す手続きのことです。

他の債務整理手続きとは違って、裁判所を利用せずに債権者と直接やり取りするところに特徴があります。

債権者との間で合意ができたら、合意書を作成してその内容に従って借金を返済していきます。

任意整理後に支払をする場合、支払期間はだいたい3年~5年程度になりますが、月々の支払金額は手続き前よりも少なくなるので、借金返済が楽になります。

任意整理の手続きの流れ

次に、任意整理の手続きの流れを確認しましょう。

ステップ1弁護士に依頼する

任意整理をするときには、通常弁護士に依頼します。

そこで、まずは弁護士に借金の相談に行って、手続きの依頼をします。

ステップ2受任通知を発送

弁護士に任意整理を依頼したら、弁護士は債権者に対して受任通知を発送します。

すると、この時点で債権者からの督促や返済がストップします。

ステップ3利息の引き直し計算

弁護士は債権者から取引履歴を取り寄せて、それを利息制限法に引き直し計算します。

このとき利息制限法を超過する利率での取引があると、借金が大きく減額されたり、ときには過払い金が発生していることがわかったりします。

ステップ4債権者との合意

過払い金が発生していたら過払い金請求をしますし、借金が残ったら、その支払方法について債権者と話し合い、合意をします。

ステップ5返済開始

合意ができたら合意書を作成して、その内容に従って返済を開始することになります。

任意整理のメリット

任意整理のメリットの1つは、利息制限法を超過した利率での取引がある場合に借金額を大きく減額してもらえることです。

これによって、借金がなくなるケースもありますし、過払い金請求ができる場合もあります。

利息制限法を超過する利率での取引がない場合でも、債権者との合意後の将来利息はほとんど確実にカットしてもらえます。

今毎月支払をしている「利息」の支払が不要になるということです。

このことにより、借金の総返済額が大幅に減って、支払が楽になります。

また、返済期間を延ばすことによっても月々の返済額を減らすことができます。

さらに、任意整理では債務者の財産が問題になることはありませんし、整理したい借金だけを選択して任意整理することも可能です。

たとえば車のローンや保証人つきの借金がある場合、それらを外して手続きをすれば良いので、車のローンがあっても車を守ることができますし、保証人に迷惑をかけることも避けられます。

また、任意整理は、弁護士に依頼した場合にかかる費用も他の債務整理手続きに比べて安いです。

任意整理のデメリット

次に,任意整理のデメリットを見てみましょう。

任意整理には限りませんが、どの債務整理手続きを利用しても、手続き後はローンやクレジットカードなどを利用できない「ブラックリスト状態」になってしまいます。

ブラックリスト状態は、任意整理の場合、手続後だいたい5年~7年くらい続きます。

また、任意整理では、借金額の大幅な減額が難しいです。

利息制限法を超過する利率での取引がない限り、元本自体はそのまま残ってしまうケースがほとんどです。

そこで、多額の借金がある場合には整理しきれないことがあります。

さらに、任意整理では、債権者が同意しない限り手続きができないという問題もあります。

任意整理は、あくまで個別の債権者との合意による手続きなので、債権者が話し合いに応じなかったり意見が最終的に合わなかったりすると、問題を解決することができないのです。

特に、最近は任意整理の話し合いに応じない債権者も増えてきているので、注意が必要です。

任意整理に向いている人は?

それでは、いくつかある債務整理手続きの中でも任意整理に向いている人は、どのような人なのでしょうか?

任意整理に向いている人

  • 借金額が300万円以下
  • 最低限の支払能力がある
  • 一部の借金を債務整理の手続きの対象から外したい

借金額が300万円以下

まずは、借金額が300万円以下くらいであることが望ましいです。

任意整理の場合、利息制限法を超過する利率による取引がないと、借金額を減額することが難しいので元本はそのまま残ってしまいます。

借金が300万円を超える場合、5年返済にしても月々5万円以上の返済が必要になるので、支払が苦しくなることが多くなります。

最低限の支払能力がある

次に、最低限の支払能力がある人に任意整理は向いています。

任意整理をすると、手続き後に債権者に対して毎月数万円ずつの支払をしなければなりませんし、その支払は3年~5年程度続きます。

そこで、その支払を確実に続けられるための最低限の収入が必要になるのです。

一部の借金を債務整理の手続きの対象から外したい

また、車のローンや保証人つきの借金があって、一部の借金を債務整理の手続きの対象から外したい場合にも任意整理が向いています。

以上のように、任意整理は、借金がある場合にとても利用しやすく費用も安く済む解決方法なので、今借金問題に悩んでいる場合には是非とも検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

ライター元弁護士陽子福谷
2002年京都大学法学部卒業。
2003年司法修習(第57期)。
2004年弁護士登録。
その後勤務弁護士として働く。
2007年 独立開業して「陽花法律事務所(はるかほうりつじむしょ)」を設立しました。
2013年に体調を崩し、事務所をいったん閉じました。
現在は、法律の知識を生かして在宅でも出来る法律系の記事の執筆業などをしています。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Feedly