ころろログ

AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II で花撮りの練習をしてきました

約 3 分
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II で花撮りの練習をしてきました

いよいよ梅雨入りですね。湿気も多くなるので嫌な季節です。

僕は一眼レフカメラを持って散歩に行くのが趣味なので、雨が多いと散歩に行けないのも残念。

でも、雨の日は雨の日にしか撮れない写真もあったりするので、その点少しワクワクしているところもあったりします。

まだまだ初心者で下手っぴなので、いろんなシチュエーションで練習したいなって思います。

散歩がてらAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIで花撮りの練習

先日は午後から良い天気だったので、近所の公園に散歩に行きました。この季節は様々な花が咲いているので、カメラの練習にはとてもいい季節です。

僕はNIKONのD5100というカメラを使っています。

レンズはNIKONのレンズキットに付いる、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR IIという標準ズームレンズ。

焦点距離も18mmから55mmまであるのでなかなか使いやすいんです。

手ブレ補正も強力なので、僕のような初心者にはぴったりのレンズです。

今なら一万円台というお手頃価格なのもありがたいですね。

本来、花を撮るなら単焦点レンズの方が向いているのかもしれませんが、練習ということで標準ズームレンズを使いました。

公園で撮った花とリス

撮った写真をInstagramにアップしたのでご紹介。

#リス #生物園 #nikon #d5100 #カメラ好きな人と繋がりたい #一眼レフ勉強中 #動物 #animal

A photo posted by ころりん (@korolin777) on

今はちょうど紫陽花がキレイな季節ですね。あちらこちらに紫陽花が咲いていて、見ていて気持ちが良かったです。

公園を散歩していたおじさんに、「花は撮ってもいいけど取ったらだめだぞー。」と謎のボケをかまされました(笑)

花は前ボケの練習にぴったり

前ボケというテクニックがあります。上の3枚目で紹介した写真のように、奥にピントを合わせて手前をボカすテクニックです。花を撮る時によく使われるテクニックですが、僕のような初心者でも何となく良い感じの写真になるんです。

Instagramなんかでも、前ボケを活かした写真がよく見られます。花だけではなくて、いろいろなシチュエーションでも活かせるテクニックなので、とてもいい練習になりました。

次は夜景にチャレンジしたいなぁって思っています。

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
インターネット副業に生き甲斐を感じているアラフォー会社員。

ブログ開設1年で月間7万PV、月収5万円を達成。

その後はメールマーケティングやシステム化の勉強を開始。

離婚や債務整理、親との絶縁など割りと波瀾万丈な過去がある。

現在は妻と娘と幸せに暮らす。

写真を撮るのが趣味。