ころろログ

メニュー

債務整理に強い弁護士を探すときに知っておきたい方法とポイント8つ

2019年6月24日
債務整理に強い弁護士を探すときに知っておきたい方法とポイント8つ

「借金返済ができない!」そんなとき、債務整理が有効です。

債務整理をする場合には弁護士に依頼する必要がありますが、上手に借金を整理するには良い弁護士を探さないといけません。

弁護士とは言ってもさまざまなので、債務整理に強い弁護士に依頼しないと、手続きがスムーズにすすまないおそれがあるからです。

そこで今回は、債務整理に強い弁護士を探す8つの方法とポイントを解説します。

債務整理に力を入れている弁護士を探す

債務整理を依頼する弁護士は、どのような弁護士であってもよいということにはなりません。

弁護士には、

  • 交通事故
  • 離婚
  • 相続
  • 企業法務
  • 労働問題
  • 医療過誤

など取り扱い分野がいろいろあるので、ふだんから債務整理を扱っていない弁護士もたくさんいます。

取扱はあっても債務整理が得意でない弁護士もいます。

そこで、債務整理を依頼する場合には、債務整理に力を入れている弁護士を探すことが大切です。

ふだんから債務整理の取扱件数が多く、手持ちの事件数の中でも債務整理事件の割合が高い弁護士を探すと良いでしょう。

手持ちの事件数というのは「今抱えている案件の中で債務整理案件がどのくらいあるか」ということです。

その割合が高いほど、債務整理に積極的であるということになります。

債務整理に力を入れているかどうかは、弁護士事務所のホームページの記載を見るとある程度わかります。

任意整理や個人再生、自己破産などの手続きに関する詳細な説明が書いてあったり、弁護士による債務整理関係のコラムが充実していたりする事務所は、債務整理に力を入れている可能性が高いです。

また、債務整理に強い事務所は、債務整理の無料相談を実施していることも多いので、そのような事務所を利用すると費用も節約できて一石二鳥です。

債務整理の実績の高い弁護士を探す

債務整理に強い弁護士を探したいときには、弁護士の実績も参考になります。

今までの債務整理事件に関する実績の高い弁護士を探しましょう。

弁護士事務所のホームページには、今までの債務整理事件解決実績や相談実績などの数が載っていることがあるので、そのような記載内容を確認すると良いでしょう。

事務所の所属弁護士が債務整理に関する本を執筆している場合なども、債務整理に強い事務所である可能性が高いです。

依頼者の声を参考にする

良い弁護士かどうかを見分ける方法としては、他の依頼者の声が参考になります。

弁護士事務所のホームページには、今までの依頼者の声や感想が掲載されているものがたくさんあるので、これらの内容を見て、評価が高い事務所は信頼できる可能性が高いです。

事務所によっては、依頼者の手書きの手紙をそのまま掲載しているところもあり、そのようなところは、より信憑性が高いと言えるでしょう。

説明がわかりやすい弁護士を探す

債務整理を依頼する弁護士を選ぶとき、ホームページの情報だけでは不十分です。

サイト上にどれだけ良いことが書いてあっても、実際に会ってみると印象が違うということはよくあります。

そこで、弁護士を探す場合には、必ず事前に直接弁護士と面談して、相手がどのような人か見極めることが重要です。

面談の際には、弁護士の債務整理手続きに関する説明がわかりやすいかどうかを基準にしましょう。

債務整理を得意としている弁護士は、手続きについて上手に説明することができるものです。

また、きちんと説明してくれない弁護士に依頼してしまうと、後々ストレスがかかったり手続きがスムーズにすすまなくなったりするおそれもあるので、そのような弁護士には依頼しないことです。

初回の相談の際に、弁護士の対応を見極めるようにしましょう。

質問に答えてくれる弁護士を探す

債務整理に強い弁護士を探す場合には、こちらが質問した内容にもきちんと答えてくれる弁護士を選びましょう。

通常、債務整理手続きをするのは初めての人が多いでしょうから、手続をすすめるに際してや、手続きの途中に疑問がわくことはよくあります。

このようなとき、当然依頼している弁護士に質問しますが、人によっては丁寧に答えてくれなかったり専門用語を連発されて何を言っているのかがわかりにくかったりする弁護士がいます。

そうなると、

  • 今手続きがどのような段階にあるのか
  • 果たしてうまくいっているのか
  • いつごろ終わるのか
  • 今抱えている問題に対する対処方法

などについて、まったくわからないまま弁護士に任せてしまうことになるので、自分できちんと状況を把握しておきたい人にとっては非常に大きなストレスになります。

そこで、当初の相談の際、こちらからも気になることをいくつか質問してみてみましょう。

そのとき、明確に丁寧に回答してくれる弁護士が本当に良い弁護士です。

コミュニケーションをとりやすい弁護士を探す

債務整理を依頼する弁護士を探すとき、コミュニケーションをとりやすいかどうかも大きな問題となります。

コミュニケーションとは、たとえば

  • 電話がつながりやすいか
  • メールの返信が早いかどうか
  • 面談の予約を入れてもらいやすいかどうか

などの問題です。

弁護士事務所によっては、電話を入れてもいつも事務員が出て「弁護士は不在です」というのみで、折り返しの連絡がほとんどないケースがあります。

メールの返信も何日もないままであったり、そもそもメールのやり取りに対応してくれなかったりする弁護士もいます。

多忙のため、面談をしようとしても予約がまったくとれず、数週間以上先を指定されてしまうケースもあります。

せっかく良い弁護士であってもこのようにコミュニケーションをとれなければ台無しです。

そこで、良い弁護士を選ぶなら、スムーズにコミュニケーションがとれる人を選びましょう。

当初に問合せをしたときに速やかに弁護士につないでくれたかどうかや、メールを利用しているか、初回の相談予約がスムーズに入ったかどうかなどを参考にして、その後コミュニケーションをとりやすそうかどうか判断しましょう。

デメリットも説明してくれる弁護士を探す

債務整理に強い弁護士を探す場合、どうしても「良いこと」「メリット」を説明してくれる弁護士に目が行きがちです。

しかし、本当に良い弁護士は、デメリットも説明してくれるものです。

債務整理をすると、決して良いことだけではなく一定のデメリットもあります。

たとえば有名なものに「ブラックリスト問題」があります。

これは、債務整理をするとローンやクレジットカードなどを利用できなくなってしまうという問題です。

また、自己破産をすると、基本的に財産が全部無くなってしまうといった問題もあります。

このような債務整理のデメリットを聞かされないまま良いことだけを信じて手続きしてしまうと、後に思わぬ不利益を受けて「こんなはずじゃなかった…」と思うことになってしまいます。

そこで、債務整理を依頼する際には、そのようなデメリットもきちんと説明してくれる弁護士を選ぶべきです。

当初に相談に行ったとき、「この手続きにはデメリットはありませんか?」と質問をして、きちんと答えてくれる弁護士に依頼しましょう。

費用がリーズナブルな弁護士を探す

債務整理を依頼する弁護士を探すとき、費用がリーズナブルな事務所に依頼することが大切です。

弁護士費用は自由化されているので一律ではなく、事務所によって異なります。

そこで、同じ手続きするならなるべく安い事務所に依頼するにこしたことはありません。

ただ、弁護士事務所によってサービス内容は異なります。

債務整理手続をすすめる際には、上記のように、実績が高かったり債務整理に積極的に取り組んでいたり説明が丁寧であったり依頼者の話によく耳を傾けてくれたりなど、弁護士による個性がかなり大きく影響します。

そこで、単純に「安い弁護士」=「良い弁護士」とは限らないのです。

債務整理を依頼する場合には、費用の割にサービス内容が充実している「リーズナブルな弁護士」を探すことが大切です。

もちろんこのとき、費用が高すぎる弁護士を選ぶのもNGです。

弁護士のサービスは、高いからと言って充実しているとは限らないので、これまで説明してきた項目をもとに、自分の目で確かめて良い弁護士を選ぶ姿勢が重要です。

以上のように、債務整理に強い弁護士を選ぶ方法やポイントはいろいろあります。

今回の記事を参考にして、良い弁護士を選んで手続きを成功させましょう。

この記事を書いた人

ライター元弁護士陽子福谷
2002年京都大学法学部卒業。
2003年司法修習(第57期)。
2004年弁護士登録。
その後勤務弁護士として働く。
2007年 独立開業して「陽花法律事務所(はるかほうりつじむしょ)」を設立しました。
2013年に体調を崩し、事務所をいったん閉じました。
現在は、法律の知識を生かして在宅でも出来る法律系の記事の執筆業などをしています。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pocket
Feedly