ころろログ

汗っかきのぼくがオススメする汗対策グッズ!COOL COREで夏を乗り切ろう!

約 5 分
汗っかきのぼくがオススメする汗対策グッズ!COOL COREで夏を乗り切ろう!

正直に白状すると、僕はめちゃめちゃ汗っかきです。

子供の頃はそんなことは全くなかったんだけど、大人になってからなぜか体温調節機能がおかしくなったようで。

今でこそ太ってしまったので、太ってるからだろーがと言われそうですが^^;

暑い時は極端に暑くて、寒い時は極端に寒い。

難儀な体質になってしまったものです。

そんな汗っかきの僕にとってはありがたいことに、
ここ数年の夏の異常な暑さの影響か、様々な汗対策グッズが販売されていますよね。

いろいろ買い漁って試したんですが、どれもイマイチ効果がなかったり、逆効果だったり…。

そんな中、ようやく「これはいいぞ!」というアイテムをついに発見したんです。

水に濡らすだけでタオルがヒンヤリ!その名はCOOL CORE!

もう半ば諦めていたところにようやく見つけました。

汗は出るんです。どうやっても。

コントロール出来たら苦労はいらない。

そこで開き直ってみることにしました。

発汗を抑えるものが効かないなら、汗が出た時にどうするかということに尽力することにしたんです。

そこで僕が目をつけたのは[keikou]タオル[/keikou]です。

このCOOL COREはただのタオルじゃなくて、水に濡らして振るとタオルがヒンヤリ冷たくなるんです。

時間が経ってイマイチ冷たさを感じなくなったら、COOL COREを振ると再びヒンヤリするところも凄い。

さらに、もしCOOL COREが乾いてしまっても、どこか水道で濡らせばまた冷たくなるので出先でも安心です。

見た目もよくある景品で貰うようなタオルとは違くてスタイリッシュなので、首に巻いておいてもダサい感じにはならないのがいいですね。

COOL CORE

COOL CORE

暑い日はCOOL COREを濡らして首に巻いておくと、首元が冷えて涼しく感じるので汗も出にくくなります。

もし汗が出てきてしまってもそのまま拭けますしね。

コンビニとかで売っている汗拭きシートみたいなものもありますが、あれは吸水力はあまりないように思います。

更に、あのスースーする感じが、僕の体はなぜか熱いと感じてしまうらしく、余計に汗が出るんです。

その点このCOOL COREは、吸水力もあるので汗もしっかり拭けますし、純粋にタオルが冷たいので発汗も抑えられます。

異常な汗っかきが原因で人と接するのが怖くなる

汗っかきのおかげで、他人が自分に近づいてくることが怖いというのが大きな悩みです。

「どうせ俺のこと気持ち悪いって思ってるんだろうな。」

「なんでみんな涼しそうな顔して歩いてるのに俺だけ汗だくなんだろう。」

そんなこと考えるだけで余計に汗が出てくるんですよね。

自分一人だけ汗だくの状況を見ると、「自分は他人と違う。」と嫌でも思ってしまう。気づいたときには人と接することが恐怖に感じるようになりました。

そして、1つ自分が他人に劣っている部分をハッキリ自覚してしまうと、連鎖的に他の部分まで劣っているように思えてきてしまうんです。

まさに負のスパイラル。

だからこそ、この異常な汗っかきをなんとか克服したいと奮闘しました。

汗対策グッズをいろいろ試すも効果なし

片っ端から試しましたよ。汗対策グッズ。

異常な汗っかきのおかげで外に出ることはおろか、人と接することまで出来なくなった僕は、藁をも掴む思いで汗対策グッズを買い漁りました。

が、どれを試しても効果なし。

で、ようやくクールコアタオルに行き着いたわけです。

汗が出るのは仕方ないとある程度割り切ることも大切

多汗症には治療法もあるみたいだけど、調べても何となく胡散臭いというか、ホントに治るの?みたいなのが多くてイマイチ踏み切れません。

人に比べて汗が出やすいのは確かに嫌だし、他人からも気持ち悪いと思われるかもしれないけど、出るものは仕方ない。

制御出来たら苦労はしないですから。

だから、ある程度割り切ることも必要だと僕は思うのです。

肝心なのは汗が出た後。しっかり拭いて清潔感を保つことが1番大事なことではないでしょうか。

COOL COREならヒンヤリ効果もあるので、汗防止にもなります。

僕はコンプレックスを克服したいので、今年の夏はCOOL COREを首に巻いてたくさん外出したいなって思います。

今年の夏もかなり暑くなるみたいなので、汗っかきじゃない人も1枚持っておくといいかもしれないですね。

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
インターネット副業に生き甲斐を感じているアラフォー会社員。

ブログ開設1年で月間7万PV、月収5万円を達成。

その後はメールマーケティングやシステム化の勉強を開始。

離婚や債務整理、親との絶縁など割りと波瀾万丈な過去がある。

現在は妻と娘と幸せに暮らす。

写真を撮るのが趣味。