信念・思い

昼休みもぶっ続けで仕事をするのは間違っている

投稿日:2016年4月29日 更新日:




昨日は久しぶりに上司と大ゲンカしてしまい、少し落ち込んでおります。

本来なら上司とケンカなんて言ったらクビが飛んだりするんでしょうけど、僕が勤める会社は極小企業の上に深刻な人手不足なので、あまり心配はしていません。(笑)

さて、なんでケンカになったのかと言いますと、昼休みに対する考え方で意見が食い違ったことがキッカケです。

昼休みにまで仕事をするのはおかしい

というのが僕の考え方。

ちなみに僕は冷凍倉庫に勤めています。マイナス25℃という過酷な環境で力仕事をするんです。はっきり言ってキツイ。

特にこれからの時期は外との気温差で体がおかしくなったりします。

そんな環境でフォークリフトを運転したり、重い荷物を運んだり計算したりしなければならないため、肉体的にも精神的にも消耗する仕事です。

だからこそ休憩はしっかり取るべきだと僕は考えています。

人間の集中力はそう長く続きません。

ましてやフォークリフトなどの重機を扱っている以上、集中力というのは仕事で最も大切な要素の1つです。

体が疲れて休みたいという気持ちももちろんありますが、何よりも集中力を切らして事故を起こさないように自己管理することが大切じゃないでしょうか。

根性が足りないと考える上司

対して上司は、忙しい時は昼休みなんて取ってられない。と考える人です。上司1人で昼休みも仕事をしていたりします。

そんな上司に昼休みも仕事を強制させられるときもあります。

まさに昨日がそう。さすがに僕は反論しました。

[talk words="繁忙期で夜も遅くなりそうなのに、昼飯抜きで働き続けろっておかしくない?これで集中力切らして事故を起こしたらどうすんの?" avatarimg="https://kororolog.com/wp-content/uploads/2015/11/wpid-wp-1447682305721.jpeg" name="ころりん" avatarshape=2 align=l ]

[talk words="忙しい時くらい根性だせ!" avatarimg="https://kororolog.com/wp-content/uploads/2016/02/image.png" name="上司" avatarshape=2 align=r]

うーん。どう思います?

ぶっ続けでやると後半のパフォーマンスが落ちる

長いこと肉体労働をしているので、昼休みもぶっ続けで仕事をしたことはもちろん何度もあります。

ただやっぱり感じるのは、昼休み抜きで追い込んだところで大差ないってことです。

一見その時間帯は進んでるように見えても、1日を通して見ると対して変わらないんですよね。

その原因は、夕方のパフォーマンスが明らかに落ちること。

お腹すいた、疲れた、というのが顕著に現れて、仕事に集中していない時間が増えるんです。僕のような肉体労働は特にそう。

たからこそ、しっかり休む時は休むことが大事なことだと僕は思います。

休むことも仕事の1つ

休憩

サボることと休むことは違います。

サボりはもちろんダメだけど、1日の大半を職場で過ごす以上、休憩も仕事の1つです。仕事に対していいパフォーマンスを出すためには、そう言った自己管理は大切なこと。

本当に追い込まれた時には根性も必要だとは思います。ただ、真っ先に出てくる言葉が"根性"ではダメだと思うのです。

ましてや、休憩抜きで仕事をすることは根性とは言いません。

働くときはしっかり働き、休むときはしっかり休む。メリハリをつけて1日を通していい仕事が出来るということが一番大事なことなんじゃないでしょうか。

PS

現状への不満、不安からこんなブログもやっています。

ネット副業で安月給の悩みを解消したアラフォー会社員のブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ころりん

FUJIFILM X100FとNIKON D5300を使用。写真、DAP、アニメ、ブログ作りが好きです。お気軽にお問い合わせください。

-信念・思い
-,

Copyright© ころろログ , 2018 All Rights Reserved.