ころろログ

「よそはよそ、ウチはウチ」を意識すればコンプレックスは消えていく

約 4 分
スポンサーリンク
「よそはよそ、ウチはウチ」を意識すればコンプレックスは消えていく

ころりん(@korolin777)です。

他人と比べられることが嫌いでした。

ぼくは多くのコンプレックスを抱えているので尚更。他人に勝っている部分など1つもないと自覚しているから、比べられると死にたくなります。

でも最近気づいたことがあるんです。他人と自分を比べたがっているのは、実はぼく自身なんじゃないか?ってこと。

他人に言われたというなら話しは別だけど…。

そのことに気づいてから、なんでそんなに周りが気になるんだろう?他人と比べたって仕方ないじゃないかって思うようになったんです。

自己否定感が強かった

こういうのって自己肯定とか自己否定とかっていうんでしたっけ。

他人に言われたわけでもないのに、勝手に自分自身が他人と比べてしまい、誰も悪くないのに誰かにたいして怒りを覚えてしまう。

ぼくは普段からそんな精神状態の時が多いんですよね。要するに自己否定が強すぎるんです。

例えば通勤にしても、周りはみんなスーツでビシッと決めているのに自分は小汚い私服で、周りから「ああ、あいつは底辺だな。」っ思われていないか不安になる。

っていうだけならまだマシな方で、「どうせこいつは俺のこと底辺だと思ってる。きっとこいつはクズだ!」なんて、名前も知らない喋ったこともない人間に対して思ってしまいます。

で、あとで冷静になったときに、「俺はなんでこんなこと思っちゃうんだろう。俺の方こそクズなのに。」って自分をまた責めるという負のスパイラルに陥る。

これって割とキツイ。

自分を責める癖がついてしまう

そんな状態になってしまうと、どんどん悪い方に行ってしまいます。ひとつ自分の欠点を見つけてしまうと、連鎖的に他の弱点にも気づいてしまうようになるんです。誰に言われるでもないのに、自分自身で欠点だと決めつけて、自分の良いところに全く目が行かなくなってしまう。

そして今度は欠点だらけの自分を責めるようになります。

何をやっても自信が持てなくなり、やがて何もできなくなってしまう。当然のことながら良いことでは全く無いですよね。

コンプレックスが解消した魔法の言葉「よそはよそ、ウチはウチ」

と、今までのぼくってそんな人間だったわけですが、ようやく克服しつつあります。

最近ふと頭をよぎった言葉。そういえば子供の頃、両親によく言われたなぁなんて考えていたら、だんだん目の前の霧みたいなものが晴れていくような感覚を覚えたんです。

よそはよそ、ウチはウチ。

他人と比べたって何の意味もない。他人がどうかよりも自分がどうかの方がよほど大事だって。自分に出来ないことにフォーカスするよりも、自分が出来ることにフォーカス出来れば自ずとコンプレックスが消えていきます。自分を比べようとしていたのは、他でもない自分自身だったんです。

他人が出来ていることを見てたって仕方ない。自分が出来ることをしっかりやっていれば自分を責めることなんて何もないし、他人を見ている余裕もなくなります。

このことに気づいてからは随分と気持ちも楽になりましたし、生きることも楽しくなってきました。何だっていいと思うんです。例え小さなことでも出来たことは”成功”に変わりはありません。他人がもっと大きな成功をしていたって、そこと比べる必要なんてないんです。

これからはもうすこしだけ肩の力を抜いて、もし他人と比べてしまいそうになっても、よそはよそ、ウチはウチを意識して生きていこうって思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
1979年生まれのアラフォー会社員。

20代は消費者金融等に借金をし、多重債務になる。総額約500万円を債務整理で完済。離婚も経験するが2015年に再婚。

現在はデジタル一眼レフで写真を撮るのが楽しみ。インスタグラムにハマっている。音楽とリラックマをこよなく愛する。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)