ころろログ

誰かのために一生懸命になれる妻を尊敬している

約 4 分
スポンサーリンク
誰かのために一生懸命になれる妻を尊敬している

ころりん(@korolin777)です。

私事で恐縮ですが、昨年3月に2度目の結婚をしました。

ぼくと妻とは11歳離れており、ジェネレーションギャップを感じることもありますが、今の所仲良く暮らしております。

ひょんなことからTwitterで仲良くなり、あれよあれよと遠距離恋愛を経て、同棲、結婚まできてしまいました。

なぜ彼女を選んだか。

それは、とても尊敬できるところがあったからです。

出会いはTwitter

ぼくは3年前は今とは違うTwitterアカウントでTwitter廃人をやっており、今では考えられないくらいのフォロワーがいたんですが、その中の1人が今の妻でした。

なんでフォローしたのかされたのかもよく覚えてないし、かれこれ1年以上相互フォローしていたにも関わらず1度も絡んだことがない。そんな関係でした。

ある日、いつものように家で1人で酒を飲み、酔っ払いながらパソコンの画面にアホみたいに流れてくるタイムラインを眺めておりました。

そこでふと、恋愛に悩んでいるらしい彼女のツイートが目に止まり、酔っ払った勢いもあってリプライしたんです。

そこから恋愛相談というか、彼女の話しを聞いているうちに仲良くなり、たまにSkypeで通話する仲になりました。

彼女は当時兵庫県に住んでおり、ぼくは東京。会うことなんて考えもしません。

ただ、ぼくは父方の実家が兵庫県にあるので、子供のころから親に連れられて兵庫県にはよく行っていたんです。祖父や叔父のお墓も兵庫県にあるので、お墓参りに行きたいなぁと思っていたころでもありました。

そんなこんなでちょうど3年前の今頃、ぼくと彼女は兵庫県で会うことになり、今に至ります。

ぼくのために必死になってくれた彼女に感じたこと

image

物凄く前置きが長くなりましたが、言いたいことはここから。

兵庫と東京をお互い行き来して遠距離恋愛をしていたぼくたちは、東京で同棲することになりました。

そのために彼女の親御さんに挨拶に行かねばならず、兵庫県の三宮で待ち合わせをして電車で彼女の実家にほど近い駅まで2人で行きました。

駅に到着し、改札を出ようとした時のことです。交通費を入れていたぼくのSuica定期券がない!どうやら電車の中に落としてしまったらしい。

ぼくは「やっちまったなぁ。まぁ駅員さんに聞いてみてなかったら諦めよう。」なんて呑気に思ってたら、彼女が突然走り始めました。凄い真剣に駅員さんに駆け寄って、必死にぼくの定期券を探してくれたんです。

そのおかげで、無事に定期券は見つかりました。そのときに凄いホッとした顔で「よかったぁ。」と言ってくれた彼女を見て、「この子しかいない!」って感じたんです。

そんなことで?と思いましたか?

ぼくはこの出来事っていうよりは、人のために一生懸命になれる彼女の心の在り方に惚れたんです。

誰かのために一生懸命になれる人は尊敬できる

同棲を始めてからも妻のそういう姿勢を何度と目の当たりにしました。

ぼくの両親や兄弟の誕生日など、プレゼントを買いに行く時はぼくよりも頭を悩ませて、相手が何を必要としていて、何を貰ったら嬉しいのかを真剣に考えます。そんなに悩まなくてもっていうくらいに。

ぼくなんかは、まぁこんなもんでいいんじゃね?くらいにしか考えないので、こういう姿勢はホントに凄いなって思うし、とても尊敬しています。

妻に限った話しではないけど、誰かのために一生懸命になれるって素晴らしいことだと思うんです。

だからぼくも妻のために頑張ろうって思える。

ぼくがそれまでの自堕落的な生活を改善できたのは間違いなく妻のお蔭です。

そんな妻を大切にしたい

離婚を経験し、もう2度と結婚なんかしない!と思ってたぼくが、再び結婚しようと思えた背景にはそんな出来事がありました。

ぼくのために一生懸命頑張ってくれる妻のためにも、もっと成長していい暮らしをさせてやりたい。

誰かのために一生懸命になれる妻を大事にしたいなって思います。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
1979年生まれのアラフォー会社員。

20代は消費者金融等に借金をし、多重債務になる。総額約500万円を債務整理で完済。離婚も経験するが2015年に再婚。

現在はデジタル一眼レフで写真を撮るのが楽しみ。インスタグラムにハマっている。音楽とリラックマをこよなく愛する。