ころろログ

ミスした人を吊るし上げて何の意味があるのさ

約 4 分
スポンサーリンク

ころりん(@korolin777)です。


会社でミスをした時ってどんな気持ちになりますか?


ぼくはめっちゃ凹みます。この世の終わりだ、くらいに凹みます。で、なんでミスったのかを検証して、次にまた同じミスをしないように努力をする。でもめっちゃ凹みます。めっちゃ反省します。


特に誰に言われなくてもね。



と言うのも、世の中には偉い人が大勢の前でミスした人を罵倒して悦に浸る会社があるらしいんです。


はい、ぼくが勤める会社です。

大勢の前でミスした人を罵倒する「吊るし上げ」

いわゆる吊るし上げってやつです。


きっとぼくの職場だけじゃないはず。


従業員がみんな揃っている前でグチグチグチグチ…。


あれって何の意味があるんでしょうか?


確かにミスは良くないことです。内容によっては許されないミスもあるでしょう。


でも、そのミスに対する注意喚起が”吊るし上げ”ってどうなの?ってぼくは思うのです

吊るし上げられた人はどう思うのか?

冒頭でお話しした通り、よほど責任感が欠如した人でない限り、ミスした時ってほとんどの人が自分を責めたり落ち込んだするものだと思うんです。


そして、しっかり反省するものだと思うんです。


それに追い打ちをかけるように吊るし上げたところで、本人はさらに深く反省したりするでしょうか?


少なくともぼくは、


この場から早く逃げたい。


なんでここまでされなきゃいけないんだ。


などと思ってしまいます。


そしてその後の業務は、「吊るし上げられないように」萎縮した状態で行うようになります。


そんな状態で仕事をしていても、スキルアップや成長なんてしません。


積極性が失われてしまうからです。

吊るし上げを見させられた人はどう思うのか?

従業員を吊るし上げるのは、起こったミスを共有し、今後他の従業員が同じミスをしないようにするためだと聞いたことがあります。


そのことは確かに良いことだと思います。


どのような状況でどんなミスが起こり、どうやってリカバリーしたのかということを共有するのは正しい。


でも実際はどうでしょう?


偉い人の「ミスしてくれやがって!」という個人的な感情が明らかに入っているし、ミスに対する事実をただ共有すればいいものを、わざわざ個人攻撃に走っているというのが実態です。


それを見せられる従業員は果たしてそのミスに対する情報をきちんと受け止められるでしょうか?


ぼくの職場は業務柄ミスが付き物で、毎週のように従業員の吊るし上げが行われています。


それを毎週見せられて思うのは、「自分も気をつけよう。」ではなく、「かわいそうだな。」とか「ここまでしなくてもいいのに。」ってことです。

ミスを糧に人は成長する

余程の天才でない限り、長いサラリーマン人生でミスをしたことがない人なんていません。


人はミスをして、なぜミスをしたのか”自分の頭”で考えて、次に同じミスをしないように努めるから成長するんです。


誤解しないでいただきたいのは、ぼくは「ミスをしてもいい。」と言いたいわけじゃありません。


ミスをした時の会社としての対応が吊るし上げってどうなの?ってこと。


誰もミスをしたくてしてるんじゃないんです。1番反省しているのは本人です。


そして、起こったミスを共有する方法は、そのミスに対する情報だけを伝達すればいい。


大勢の前でミスをした人を罵倒することは絶対に間違っているとぼくは声を大にして言いたい。


吊るし上げられた本人も、それを見せられる方も、後に残るのは負の感情だけです。


ぼくも職場ではこの記事に書いたようなことを偉い人に訴えかけてはいます。なかなか上手くいかないけれど、そんな悪習が早くなくなって、ミスをしても前向きに捉えられる環境を作っていきたいものです。


PS

現状への不満、不安からこんなブログをやっています。


ネット副業で安月給の悩みを解消したアラフォー会社員のブログ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
1979年生まれのアラフォー会社員。

20代は消費者金融等に借金をし、多重債務になる。総額約500万円を債務整理で完済。離婚も経験するが2015年に再婚。

現在はデジタル一眼レフで写真を撮るのが楽しみ。インスタグラムにハマっている。音楽とリラックマをこよなく愛する。