ころろログ

自分が好きな音楽以外は認めないっていうのは間違ってる

約 4 分
スポンサーリンク
自分が好きな音楽以外は認めないっていうのは間違ってる

ころりん(@korolin777)です。

ぼくは音楽を聴くのが大好きなんですが、周りに趣味の合う人がいないのが悩みです。(そもそも友達があんまりいない。)

若い頃のイケイケだった時はまぁそれなりに飲み仲間もいたもので、飲みながら大好きな音楽の話しで盛り上がることが何よりの楽しみでした。

でも、音楽の話しをしているとたまにいるんです。

自分が好きな音楽以外は認めないっていう変な人が。

はっきり言って、知るかっ!って感じですよね。

自分の好きなジャンル以外認めないっておかしくね?

例えば、

メタルが好きな人がポップスを認めない。

ジャズが好きな人がロックを認めない。

たまにそんな人いませんか?

彼らは自分の好きなジャンル以外の音楽を音楽と認めようとしません。

ほんと損してるなぁって思うんです。

せっかく色んなジャンルの音楽があって、それぞれ良いところがあるのにそれを知ろうともしないんだから。

知った上で言ってるのかもしれないけど、自分がそのジャンルが本当に好きなら、他のジャンルの文句なんか言う必要ないですよね。

なんでわざわざ『センスがない』だの『こんなの音楽じゃない』だの、貶すようなことしなきゃいけないんだろうって思います。

自分が好きなジャンルをただ好きだと言うだけじゃ足りないのかな?

楽器の演奏技術とか聴く側には関係ない

『あのバンドは演奏が下手だから(ドヤッ』

なんて言ってくる人もいます。

ぼくからすれば、で?って感じ。

曲の良し悪しに演奏技術って関係ありますかね?技術があった方が曲の幅が広がるのは事実なんでしょうけど。

生のオーケストラやライブならともかく、レコーディングした音源聴く分にはあんまり関係ないような気がするんですよね。まぁぼくが楽器が一切できないからかもしれませんが。

ぼくが好きな曲に対して『このバンド下手だよね』って言われても、で?って感じです。

ぼくは演奏技術を見たいんじゃなくて、曲を聴きたいだけなので。




ジャンルとか関係なく良いものは良い

ぼくはクラシックだろうがパンクだろうがアニソンだろうがいい曲は良いと思っています。

別にジャンルとかどうでもいい。

こだわりって大事なのかもしれないけど、音楽を聴く側にとっては邪魔でしかないです。

ただ、こんなこと言っておいてあれですが、正直に白状すればぼくにもそんな頃がありました。

厨二病って奴ですかね。『洋楽ロックこそ至高!』みたいな。

でもそんなもの取っ払って色んな音楽聴いてみると、どのジャンルにも良い曲があるんだなぁって世界がとても広がったんですよね。

そして、そうなってからの方がより音楽が好きだって思うようにもなりました。

より音楽鑑賞を楽しむには、変なこだわりなんて捨てた方がいいってのがぼくの持論です。

音楽は楽しむものである

image

音楽好きな人と音楽の話しになるとつい熱くなってしまう気持ちはよくわかります。

でも、好きな曲やジャンルは人それぞれ違うのが当たり前であって、それを『センスがない』だの『こんなの音楽じゃない』などと言うのは絶対に間違っています。

読んで字の如く、音楽とは音を楽しむものです。

楽しんで聴くのはもちろん、音楽の話しをする時も、是非心から楽しんで語り合いたいなって思います。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
1979年生まれのアラフォー会社員。

20代は消費者金融等に借金をし、多重債務になる。総額約500万円を債務整理で完済。離婚も経験するが2015年に再婚。

現在はデジタル一眼レフで写真を撮るのが楽しみ。インスタグラムにハマっている。音楽とリラックマをこよなく愛する。