ころろログ

債務整理の際の弁護士の選び方を経験者が体験談を交えて教えます

約 5 分
スポンサーリンク

ころりん(@korolin777)です。


ぼくは20歳から30歳まで多重債務に苦しめられました。理由は完全に自業自得なのですが、今思えばこの10年間はほんとに無駄な10年間だったと感じています。もっと早く債務整理をしていれば、人生が少しは変わっていたんじゃないかなと思うほど。


同じように今苦しんでいる方の参考になればと、ぼくが債務整理をした際の体験談と弁護士さんの選び方を紹介します。

10年間多重債務に苦しんだぼくが選んだ法律事務所

ぼくが債務整理をしたのは今から7年前です。当時はスマートフォンもなく、パソコンも持っていなかったので、電車の中吊り広告に載っていた法律事務所に電話をかけました。


テレビのCMでもよく見かける大手法律事務所だったので、何となく安心感があったのが選んだ理由です。


やはり当時は、債務整理という借金がらみで法律事務所に行くことに不安しかありませんでした。でも大手を利用したことで、その不安がだいぶ解消されたのでよかったなと思っています。

法律事務所の選び方

今はスマートフォンの普及で、スマートフォンから色々調べることができるので便利ですよね。Google検索やYahoo!検索で簡単に調べることができます。


ただ、情報量が多すぎてどの法律事務所を選んだらいいか判断しにくいのが難点です。


法律事務所にも色々あるのですが、債務整理を依頼するのであれば、債務整理を専門に扱っているところが1番安心です。法律事務所のホームページを見ると、大抵1番上に「債務整理、過払金請求」という言葉が出てくるので、そういったところを基準に選ぶといいです。


ちなみにぼくが依頼をした法律事務所は、説明も丁寧で、債務整理をするメリット・デメリットもきちんと説明がありました。また、ヒアリングや説明、手続き含めて相談料5000円の範囲内の30分で終わらせてくれました。そういった法律事務所は安心して任せられますよね。

無料相談を利用する

都道府県にもよるとは思うのですが、東京であれば東京弁護士会が運営している、無料の法律相談センターというものがあります。


本来、弁護士さんに相談するには、ほとんどの所が相談料として30分で約5000円ほどかかってしまいます。対して弁護士会が運営している法律相談センターは、30分無料で弁護士さんに相談することができます。電話で予約をするだけなので、こちらを利用するのもいいと思います。

北千住法律相談センター

弁護士と司法書士の違い

インターネットで債務整理を調べていると、「弁護士」だったり「司法書士」だったり出てくると思います。どちらに依頼すればいいんだろう?と悩むところですよね。


実は、弁護士にも司法書士にもどちらにも債務整理を依頼することができます。最も大きな違いは、扱える金額です。


例えば、過払金請求をした場合、司法書士は140万円以内が条件となっています。


仮にぼくの過払金が200万円だったとします。


そうなると、ぼくは140万円までは受け取ることができるのですが、残りの60万円は自分で直接手続きをするか、また新たに依頼をするか、諦めるかになってしまうんです。


そういったことからトラブルになることもあるらしいので、余程の理由がない限り弁護士に任せるのが無難です。

弁護士に債務整理を頼む際にかかった費用

依頼をする弁護士さんにもよりますが、ぼくの場合は1社につき4万円ほどでした。


ぼくは計8社を債務整理したので、合計32万円ほどだったと記憶しています。


その時借金まみれだったぼくにそんなお金はなかったんですが、弁護士さんに正直に話したところ、12回の分割払いにしてくれました。


弁護士さんと債務整理の契約が決まると、その時点から借金の催促は止まります。


そこからは弁護士さんと各消費者金融会社とのやり取りが半年ほど続きます。その間は借金の返済はしなくていいので、その分を弁護士費用に充てましょう。

債務整理の流れと必要なもの

債務整理は、大まかにこのような流れで進みます。

  1. 現在の借金や財産の状況等のヒアリング
  2. 債務整理をするのか、自己破産をした方が良いのか等を弁護士さんと相談
  3. 契約書や委任状を作成し、契約


ヒアリングの際に、借金の理由や細かい取引状況も聞かれます。


これらは弁護士さんに正確に伝えた方が良いので、消費者金融との契約書や、直近の取引明細を持っていくとスムーズに話しが進みます。弁護士さんによっては、簡単な債権者一覧を作ってきて欲しいと言われる場合もあります。


また、契約書等にサインをするので印鑑も必要になりますし、弁護士さんにキャッシングカードやクレジットカードを預けなければいけないので、忘れずに持って行きましょう。


債務整理に必要なもの
  • 身分証明書
  • 印鑑
  • キャッシングカード、クレジットカード
  • 簡単な債権者一覧



不安な債務整理は弁護士に任せてしまうのが1番

多重債務は本当に苦しいです。自力で返そうと思ってもなかなか返せるものではありません。一度ハマっしまった負の連鎖に苦しむくらいなら、債務整理をして一度リセットするべきです。


債務整理は決して悪いことでもなければ、後ろめたいものでもありません。


むしろ借金を返せないままズルズルと生き続けることの事のほうが余程後ろめたいと思いませんか?


ぼくは債務整理をして借金完済し、今では結婚もしてクレジットカードも持てるようになりました。債務整理をして本当によかったと思っています。

債務整理して借金完済後6年で楽天カードに通った話し

借金問題の無料相談

借金問題で悩んでいるなら、無料・匿名・ウェブ上で相談できるこちらが便利です。


街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
1979年生まれのアラフォー会社員。

20代は消費者金融等に借金をし、多重債務になる。総額約500万円を債務整理で完済。離婚も経験するが2015年に再婚。

現在はデジタル一眼レフで写真を撮るのが楽しみ。インスタグラムにハマっている。音楽とリラックマをこよなく愛する。