ころろログ

Tamronの17-50mm f2.8で菖蒲園の花を撮ってきました

約 4 分
スポンサーリンク
Tamronの17-50mm f2.8で菖蒲園の花を撮ってきました

ころりん(@korolin777)です。

夏の花といえば菖蒲ですね。

最近一眼レフを持って花を撮りに行くことにハマっています。特に晴れた日は陽の光で花が映えるんです。ぼくのような初心者でもそれなりのものが撮れるので、とても楽しい気分になります。

今回は足立区の北綾瀬という駅の近くにある、菖蒲沼公園に行ってきました。

自然溢れる菖蒲沼公園

東京都足立区の北綾瀬にある割と大きな公園です。野球ができるグラウンドもあって、休日には多くの子供達が菖蒲沼公園で遊んでいます。桜の木も多く植えられているので、春にはお花見スポットとしても活用されています。

北綾瀬駅はかなりマニアックな駅ですが、東京メトロ千代田線の綾瀬駅から出ている0番線という綾瀬駅〜北綾瀬駅を往復している電車に乗ると行くことができます。北綾瀬駅を降りるとすぐに菖蒲沼公園の入り口に出るので迷うことはないかと思います。

残念だったのが、この周辺にカフェがないこと。(あったらすいません。)しばらく歩き回って探したんですが、休憩できそうなところがガストくらいしかありませんでした。小洒落たカフェでもあったら文句なしなんですけどね。でも、自然溢れるいい公園ですよ。

足立区ホームページ/菖蒲沼公園

使用したレンズはTamronの17-50mm f2.8

愛用のNikon D5100に今回はTamronの17-50mm f2.8というレンズを付けて行きました。このレンズは2.8通しと呼ばれるレンズです。

NikonのキッドレンズNIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6Gと大きく違うのは、17mm〜50mm全域でf2.8まで開放できること。標準の最大値はf3.5なので、このTamronの17-50mm f2.8はそれよりも明るいレンズになります。背景も標準のズームレンズよりも綺麗にボケてくれるのも強みです。

純正のf2.8通しのレンズはとてもぼくには手が出せる値段ではないんですが、このTamronの17-50mm f2.8はなんと2万円代と、かなりお手頃な値段で売っているのがありがたいですね。

菖蒲沼公園で撮った写真をご紹介!

前置きがかなり長くなりましたが、菖蒲沼公園で撮った写真をご紹介します。少しでも雰囲気が伝わるといいな…。

菖蒲

菖蒲

実は菖蒲って初めて近くで見たんですが、こんな感じで植えられているんですね。

菖蒲 鴨

鴨?なんかノンビリ泳いでいたのでしばらく追っかけてしまいました。

菖蒲 水車

菖蒲 水車

菖蒲に水車って雰囲気あっていいですね。

アジサイ

菖蒲園を囲むように咲いていたアジサイも綺麗でした。

菖蒲

菖蒲

う〜ん…。菖蒲ってどう撮ったらいい感じになるかイマイチ掴めなかったんですよね。奥が深い。

菖蒲沼公園に流れる滝に興奮!

この菖蒲沼公園には小さな滝があります。夏場は涼しく感じられていいですね。久しぶりに滝なんて見たので興奮してしまいました。

菖蒲沼公園 滝

シャッタースピードを遅くしてそれっぽいのを撮ってみました。

菖蒲沼公園 滝

小規模ながら自然を楽しめる菖蒲沼公園でリフレッシュのススメ

都会で生活していると、それなりに忙しくて消耗しますよね。そんな時はこういった自然溢れる公園にでも行って時間を忘れてノンビリするのもなかなかリフレッシュできていいですよ。

菖蒲もアジサイも綺麗でしたし、小さいながらも滝に興奮したり、久しぶりに子供に戻った感じがしてとても楽しかったです。

撮った写真の関連記事はこちら!

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Twitter で

    この記事を書いた人

    ころろログ目指せインスタグラマーころりん
    1979年生まれのアラフォー会社員。

    20代は消費者金融等に借金をし、多重債務になる。総額約500万円を債務整理で完済。離婚も経験するが2015年に再婚。

    現在はデジタル一眼レフで写真を撮るのが楽しみ。インスタグラムにハマっている。音楽とリラックマをこよなく愛する。