ころろログ

失敗したことを記録することで人は成長する

約 5 分
スポンサーリンク
失敗したことを記録することで人は成長する

ころりん(@korolin777)です。

人間は失敗する生き物である。

byころりん (1979〜)

ぼくってよく失敗するんです。

昔はそんな自分が大嫌いでした。なにせ何をやっても失敗するんですからね。なんで俺はこんなにダメなんだって思うことが多々ありました。

だから、失敗した過去を振り返えることから逃げてきたんですよね。思い出すと嫌な気持ちになるから。

そんなぼくが、最近ライフログというものにハマっています。

自分の生活を記録して、振り返る。

昔のぼくでは考えられないことです。失敗だらけの過去から逃げ続けてきたわけですから。ましてや記録するなんてあり得なかった。

でも実際ライフログにハマってみて思うことがあるんです。

それは、失敗こそ記録するべきだなってこと。

楽しいことや嬉しかったことなんかを、どんどん記録してしまうのは割と当たり前ですよね。

でも、実は失敗を記録することがライフログの醍醐味なんだなってことに最近気がついたんです。

昔の写真が1枚もない

今はスマホのカメラも高性能だし、一眼レフやデジカメなんかも昔に比べれば手に入りやすいですよね。

街に出ればアチラコチラでスマホやカメラでパシャリやってる人を目にします。いい時代になったなって思います。

ぼくには20代のころの写真が1枚もありません。

いや、1枚はあるか。

厳密にいうと、成人式の記念に(成人式はバックれたけど)家族で撮った写真が1枚あるだけです。

決して、写真を撮られると魂を吸い取られる、という迷信を信じていたわけでも、写真を撮ったことがないほどボッチだったというわけでありません。

全部捨ててしまったんです。

ぼくは自分の過去が大嫌いでした。

思い出したくもない過去ばっかりで、写真を見ると否が応でも思い出してしまう。

だから全部捨ててしまったんです。

実に乙女だと思いませんか?

失敗にフタをして振り返らないように努めてきた

失敗

なんで自分の過去が嫌いだったかっていうと、単に失敗だらけだったからです。

昔のぼくは、自分の失敗にフタをして、過去を振り返らないように努めてきました。

失敗した自分が恥ずかしい。それを他人に悟られたくないから強がってしまう。

ましてや失敗したことを記録するなんてことは以ての外でした。失敗した過去を思い出させるものは出来るだけ排除したくらいです。

そうやって過去を振り返らないことで、自分では前向きになっていたつもりだったんですよね。

で、ぼくが間違っていたなって思うのは、前向きになった”つもり”になっていたこと。

前を向くことは大事だけど、失敗したことを、しっかり反省してからじゃなきゃ意味がないってことにようやく気がつきました。

失敗は誰でもするもの。失敗から学ぶことが大切。

大なり小なり失敗っていうのは誰にでもあることで、決して恥ずかしいことじゃないんです。

人生で失敗したことない人なんておそらくいないでしょ?

自ら進んで失敗しにいく人もおそらくいないわけで、何かの目的に行動を起こした結果として失敗するんだと思うんです。

だから、まずはその行動したことを褒めてあげるべきなんです。

で、そこから何で失敗したのかを検証して、次に同じ失敗をしないように備える。

そうやって人間って成長していくものなんじゃないでしょうか。

失敗こそしっかり記録する

で、なんの話しでしたっけ?

そうそう、ライフログの話しに戻ります。

生活の記録というと、睡眠だったり食事だったり活動量だったりっていうのを思い浮かべますよね。

ぼくはそれら以外にも、失敗したことを積極的に記録するようにしています。

例えば、『夫婦喧嘩をしてしまった』って”失敗”ですよね。

そんなときは必ず記録するようにしています。

お陰さまで、今となってはどんな時にケンカになりやすいのかわかってきました。

やっぱり疲れている週末が多いとか、ぼくが自己中な言動をしたりするとケンカになりやすいとか、記録を振り返ると見えてくるものがあるんですよね。

そうやって記録から反省をして、今度は同じ失敗をしないように努める。これって成長ですよね。

ライフログは活動記録の他にも失敗したことを記録することで、自分の成長記録にもなるんです。

ここがライフログの醍醐味だなって感じるところ。

これからも失敗するだろうけど、しっかり記録して成長するど!

成長

ヒヤリ•ハットという言葉をご存知でしょうか。

ヒヤリ・ハットとは、重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例の発見をいう。文字通り、「突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりするもの」である。

Wikipedia ヒヤリ•ハットより引用

これは人生にも当てはまることなんじゃないかなって思うんです。

小さな失敗を見逃さないためにも、しっかり記録して、大きな失敗に繋がらないように備える。

ライフログという趣味を通じて成長できたらこれほど楽しいことはありません。

ぼくはこれからも失敗するだろうけど、それにフタをして見て見ぬフリをするんじゃなくて、しっかり向き合って成長に繋げたいなって思います。

ライフログの関連記事はこちら!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
1979年生まれのアラフォー会社員。

20代は消費者金融等に借金をし、多重債務になる。総額約500万円を債務整理で完済。離婚も経験するが2015年に再婚。

現在はデジタル一眼レフで写真を撮るのが楽しみ。インスタグラムにハマっている。音楽とリラックマをこよなく愛する。