ころろログ

100日チャレンジ挫折しました

約 3 分
スポンサーリンク
100日チャレンジ挫折しました

ころりん(@korolin777)です。

恥を承知で告白します。

あれほどまでに息巻いておきながら、ぼくは100日チャレンジに失敗しました。



我ながら感心するレベルのダメさ加減。これが真のダメ人間です。自分に自信がないと思っているあなたは自信を持っていい。

自分との約束すら守れない男がここにいるのです。

以下、100日チャレンジに失敗した言い訳を綴っていきます。

ぼくの100日チャレンジの内容と始めたきっかけ

ぼくがチャレンジしたのは、タンスの肥やしになっていたデジタル一眼レフで毎日10枚以上写真を撮ること。

単焦点レンズを買ってもらったことをきっかけに、出かけるときや散歩のときにカメラを持ち歩くようになりました。

そこで妻に言われた一言。

「カメラ持ってるときのあなたは生き生きしている。」

今までやりたいことが見つからなかったぼくにとって衝撃的な一言でした。

ちょっと本気でやってみようか。これが100日チャレンジのきっかけです。




やりたい→やらなきゃいけないに変わった途端モチベーションが下がった

最初はやりたいことでした。

今でも写真を撮ることは楽しいです。それは間違いない。

10日目を過ぎたあたりでしょうか。だんだんチャレンジが義務的になってきたんですよね。やりたいことからやらなきゃいけないことに意識が変化した途端、モチベーションがガクッと下がったんです。

つまり飽きた。

つくづくダメ人間ですね。

いつしかやらない言い訳を考えるようになった

「今日は仕事で遅くなったから。」「今日は疲れたから明日で。」「ブログ書く時間がなくなるから。」

途中からそんなことばっかり考えるようになりました。その後は、以前書いた「100日チャレンジ始めます」の記事をヒッソリ削除して、なかったことにしてしまおうかというなんとも情けない思考に。

長年培ってきた逃げの思考はまだまだ根強く残っていたようです。なんだかんだ言い訳付けても、要するにぼくは結局自分に勝てなかった。

ただそれだけのことです。

開き直る口実が欲しかった

散々悩んだ挙句、こうして情けない記事を書くことに至りました。

ウジウジ悩んでも仕方ない。できなかったという事実は変えられない。だったらネタにしてしまえ!!!

あー、スッキリした。

ブログだけは何があっても続けたい

何をやっても続かない男というのはこんなものです。こんな奴もいるんだと少しでもあなたを勇気付けることができたなら幸いです。

ただ、ブログだけは何があっても続けたい。こんな男の言うことなんてアテにならないでしょうけど、これだけは本当です。

絶対続けるぞー!!!!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ころろログ目指せインスタグラマーころりん
1979年生まれのアラフォー会社員。

20代は消費者金融等に借金をし、多重債務になる。総額約500万円を債務整理で完済。離婚も経験するが2015年に再婚。

現在はデジタル一眼レフで写真を撮るのが楽しみ。インスタグラムにハマっている。音楽とリラックマをこよなく愛する。